朝堀たけのこ水煮瓶詰め

朝堀たけのこ水煮瓶詰め

孟宗の竹の子ビン詰め、Lサイズ終了、Mサイズはあります
プロが育てた良質の美味しい竹の子を瓶詰めにしました。ご年配の方にも食べ易いです。

片岡たけのこ園の「たけのこ瓶詰め」を薦める訳

片岡たけのこ園の紹介

【環境】

倉敷市真備町の小高い丘陵の南側に面した日当たりの良い所。
丘の傾斜地でたけのこが成長しやすい。そして、たけのこを掘りやすい所等にあります。(右の写真は片岡たけのこ園の朝風景)

【土壌】

水分の多い粘土質の傾斜地です。そして伐採された古い竹を細かくチップにして竹林の肥料としてたけのこ園の一面に蒔きます。
このチップにより、この竹チップはたけのこ園の良い肥料となるだけでなく、土の上に厚く柔らかい層が出来て、美味しく柔らかいたけのこが育ちます。

【手入れされた竹林】

1本1本の竹に生えた年を西暦末尾の年を両面2ヶ所で刻み、5年以上経過した竹は伐採。
そして、その年新たに生えるたけのこに十分な栄養を与え、陽も浴びて育つようにと、竹林は広々した環境で生まれて来るたけのこを待ちます。
又、たけのこの運びが容易、そしてたけのこを傷めない様に工夫がされています。

【たけのこ堀り】

片岡たけのこ園は毎朝、明るくなる前にご主人は、たけのこ掘りに行きます。その後に奥さんやお母さんも行きます。朝堀りです。
たけのこの先端はほとんど目視ではたけのこをわかりません。早朝、大事に育てられ、地面に出る直前に、1つ1つていねいに掘り出します。
ここには真備町が長年のたけのこ堀り作業で築いた独自の伝統の工具と熟練した技 が生かされ、スムースに掘り出す事が出来ます。
たけのこの先端の色を見れば、地中から掘ったたけのこか、地上に出ていたたけのこかがわかります。

地面の下よりたけのこ発見

1つ1つていねいに掘り出し

真備町箭田独自の伝統の工具と片岡たけのこ園が熟練した技で、ほとんど腰を曲げずに、そして大きな力を使わないで掘ります。

薪の釜でじっくりボイル(水煮)

【ボイル(水煮)】

掘り出したたけのこは、そのまま薪きで時間をかけてじっくり釜炊き(水煮)します。
アク抜き及び冷やした後で朝堀りの風味を残すように出来る丈早く瓶詰めを行う。

【その他風景】

たけのこ園(畑)から集落への道です。
静かな里への道、まぶしい朝日の中、ウグイスの鳴き声がハッキリと聞こえ、晴れた日は大変さわやかで気持ちの良い道です。

商品と価格

たけのこ(孟宗竹)水煮瓶詰め

6月頃から出荷します。
孟宗竹のタケノコは太く、柔らかく、 香りもよく、最も多くご利用されており、たけのこの代名詞的存在です。

たけのこ水煮瓶詰め L(900cc) 完売です。

通常価格 1,400円(税込み)
会員価格 1,300円
購入数
商品No KTBL1
商品名 たけのこ水煮瓶詰めL(900cc)
内容量 900cc 約500g
原産地 岡山県倉敷市真備箭町箭田
送料  
備考  
たけのこ水煮瓶詰め M(450cc)

通常価格 950円(税込み)
会員価格 900円
購入数
商品No KTBM1
商品名 たけのこ水煮瓶詰めM(450cc)
内容量 450cc 約260g
原産地 岡山県倉敷市真備箭町箭田
送料  
備考  

はちく(淡竹)水煮瓶詰め

6月中頃から出荷します。
淡竹は皮の色が赤紫で先端が淡い緑色の美しいタケノコ。
固めだがアクが少なく、味も淡白。地上に出てから収穫されます。
たけのこ好きな人にファンが多く、美味しい。

はちくたけのこ水煮瓶詰め L(900cc)

通常価格 1,350円(税込み)
会員価格 1,300円
購入数
商品No KHBL1
商品名 はちく(淡竹)水煮瓶詰め L(900cc)
内容量 900cc 約500g
原産地 岡山県倉敷市真備箭町箭田
送料  
備考  
はちくたけのこ水煮瓶詰め M(450cc)
 

通常価格 900円(税込み)
会員価格 870円
購入数
商品No KHBM1
商品名 はちく(淡竹)水煮瓶詰め M(450cc)
内容量 450cc 約260g
原産地 岡山県倉敷市真備箭町箭田
送料  
備考  

【賞味期間】生産後12ヶ月

送料自動計算の不具合のお詫びと対応

現在買い物かごのシステムの問題で、自動計算にてお買い上げが2本以上で金額が5,000円以内の場合に、送料が個数分の価格に計算されてしまいます。大変申し訳ありません。
対応策としまして、「ご注文確認メール」にて当方で計算し直し、訂正した金額をご連絡致しますので、その金額にてお支払い願います。その際にお詫びとして「正規より30円引かせて頂きます。」
尚、クレジットは出来る丈避けて下さるようお願いします。

たけのこの種類と特徴

たけのこの種類

孟宗竹(もうそうたけ)

関東で売られているタケノコは、ほとんどがこの孟宗竹のタケノコです。太く柔らかく、香りもいい。
2月下旬に九州で出始め、5月下旬に北限の東北南部に達します。
地表にワラ敷き、土を盛って柔らかいタケノコを作る工夫をしています。

淡竹(はちく)

九州、関西近辺に多い。皮の色は赤紫で先端が淡い緑色の美しいタケノコ。
成長した竹も粉をふいた淡い緑で大変美しい。固めだがアクが少なく、味も淡白。地上に出てから収穫されます。
食用で径が約3~10cmで、6月、掘り出したばかりの筍は癖がなくモウソウチクのようにあく抜きをしなくても生で食べられるので美味とされる。
時間が経つと通常ぬかを入れて茹でるあく抜きが必要。

たけのこ類商品 案内

お客様の声(竹の子瓶詰め)

ビン詰めのたけのこを薄く切り、焼いて食べました。焼きたけのこ大変美味しかったです。

群馬県 I様

軟らかくておいしかったです。
お正月の料理にいろいろと使用でき、いろいろなたけのこ料理で美味しく食べました。

群馬県 関口様

本当に美味しかったです。

沖縄県 山城様

オジーの店に関するお問い合わせは、下記よりお気軽にご連絡ください。

0270-75-2174

086-441-9861

メールフォームからのご連絡はこちら/お問い合わせフォーム